2010年6月29日火曜日

What should I have done?

どうも、僕です。
今日から2週間弱、語学学校です。がんばります。
まぁそのへんはどうでもいいっす。なんかあったら後日。

帰りに買い物して、いつものようにリキシャに乗ったわけですよ。

てーげーフレンドリーな感じのおじいさん。
あ、リキシャってのは人力車って書きましたが、チャリの後ろに座るところがあるやつです。

こんな感じ。わかりづら。



んで、値段交渉もさっさと済んで乗せてくれたんだけど、なんか遅い。


と思って見てみると、右足がない。

しかも本来ならまっすぐ進めばさっさと帰れるものを、なぜか変な裏道に入って進む。

あぁ、道ばっぺーてるんじゃないか。

というのはフリで、もしかしたら変なとこ連れて行かれるんじゃないか。

どのみち日も暮れてきたし、知らない小さな道に長くいるのはよろしくない。

やしが途中で降りたら降りたで彼も困るんじゃないか。久々の客かもしれない。


ということを思いながら、実際途中で道を修正させながら、「乗り換えようか、いや、もう少し待とうか」を何回か繰り返しながら、しばらく様子を見る。


ただなぜか自分自身相当疲れてたし、日が完全に暮れる前に帰りたかったってのもあって、
どうにか知ってる道に戻ったときに降りることにした。


目的地まで半分も進んでなかったけど、約束の20タカを渡した。


正直相手は「ラッキー」と思うのかなと考えてた。
今までのリキシャワラは目的地に着いたあとに最初話した以上のお金を取ろうとすることも珍しくなかったし(渡さないけど)。
やしがこの人は明らかにそんな表情じゃないし、どう見てもお金返そうとしてるし、納得いってない。


リキシャワラとしてのプライドが傷つけられたのか、
障がいがあることに情けをかけられたと思ったのか、
それともそれ以外に何かあるのか、とりあえず確実に納得していない。

もちろん彼は自分の気持ちをベンガル語でしゃべっていた。
やしが全然理解ができなかった。


振り返ると
時間的なことを考えてもあのまま乗り続けるという選択肢は、なかった。
「早く帰りたいから」ということを伝えるべきだったのか。
ただそれは失礼にあたるんじゃないのか。
そういうふうに思うことも失礼なんじゃないのか。


モヤモヤしながらも、結局少し歩いたところで別のリキシャに乗った。


いまだにどうすべきだったのかわからない。
おそらく一般論はない。
答えはあのリキシャワラしか知らない。


う、しまらないぞ。まとめ下手だなぁ。。


なんにせよ
「気持ちがあれば言葉なんて」ってのはウソ、もしくは単なる言い訳です。
気持ちを伝えあうための言葉だから。


だから今は少しでもこのうざったい高い壁を壊すためにちばって、このモヤモヤに再会しないようにしたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿