2010年9月22日水曜日

旅行・チッタゴンその1

今日も、僕です。
9月13日から18日まで同期と一緒に旅行に行ってきました。3部作くらいでお送りします。

13日
ダッカからバスで6時間半、チッタゴンに到着。
チッタゴンには同期も含め何人か協力隊がいるんだけど、ちょうど同じタイミングで旅行に来てたJUNさんが料理を作ってくれて6人で天ぷらを食べる。
まさか着いてすぐの食事が天ぷらとはね。ありがたいす。
同期のKYOKOさんの家にお邪魔して、おやすみなさい。

14日

同期3人で港へ。
魚だー
舟だー


てな感じでそのへんの写真を撮っているとノウカに乗せて対岸まで連れてってもらった。
もちろん金かかったというかぼられたけど、3人とも漕がせてもらったし、まあいいか。


ちなみに3人で進んだ距離、おそらく-20mとかです。
写真はKYOKOさんの漕ぎ姿。なんだけど完全に背景になっている(笑)


おいしいランチを食べた後、KYOKOさんとはいったんバイバイして、バングラの民族博物館へ。
外国人料金100タカを払って入場。(ベンガル人は10タカくらい)
建物の写真は都合により不掲載。
中身の写真は撮らなかった。一応禁止って書いてあったし。


クオリティはバングラとしては頑張ってるかなって感じ。
バングラデシュにはいろいろな少数民族がいて、それらのことが知れたのでよかったかなと思う。
チッタゴンの丘陵地域にも11、12の民族が住んでるんだけど、いろいろあって危険なのでJOCVは立ち入り禁止なんすよ。
けど、いつかぜひ彼らと触れ合ってみたい。


その後ニューマーケットというショッピングモールに行くも、閉まっていたので近くの通りを歩きながら少しショッピング。
特に何も買わなかったが、そこで寝てたにーにーの中に揺るぎないポリシーを見た。


ほくろの毛、重宝しすぎ。

商品、ないがしろにしすぎ。




そんなこんなで夜はチッタゴン隊員と、同じ時期に旅行に来てた隊員と全員でお食事。
旅行に来てまさかの日本人9人でのディナーです。。。
ま、そこの飯はたしかに良かった。刺身が出てきたしね。やっぱ海のものはいい。


ただこのとき払った1000タカが、カードを忘れていたCANさんに対してのちのち重くのしかかってくることになるわけですが。




兎にも角にも、チッタゴンは相当いい場所な気がします。
基本的に栄えてて必要なものは何でもそろいそうだし、空港あるし、ダッカほど車ひどくないし、非常に過ごしやすそうな場所だと思う。


てなことを考えながら、この日も同じ家にお世話になって翌日に備えるのでした。
つづく

0 件のコメント:

コメントを投稿