2010年11月1日月曜日

グループ名はハイサイ

どうも、鼻水とろりな僕です。
なんか変に疲れてるし、気を抜くと風邪をひきかねません。


30日土曜日はJOCVコンピュータ隊員が中心となって開かれた「ITEEコンテスト」という試験+イベントがありました。
ITEEは「Information Technology Engineers Examination」の略で、とりあえず大きめなIT関係の試験です。
大学生を中心に300人近くのベンガル人が試験を受けたわけですが、JICAはもちろんいくつかの日本企業の協賛があり、JICA所長、バングラの大臣や日本大使も出席していました。
会場はバングラ最高級の五ツ星ホテル「ショナルガオン」。


はっきりいって、相当でかいイベントでした。


そんな場所でCANさん、何を血迷ったか、三線弾いて歌ってました。
2ヶ月くらい前に「日本紹介的な感じで出ない?」て言われた時はアットホームというかある程度小さなイベントだと思って
「いっすよー」て軽々しく答えたのが発端でした。
そしてうちなーんちゅや三線所有者に声をかけ5人体制となり、各々練習をして、何回か合わせて、前日追い込んで、この日を迎えたわけです。


開始1時間前くらいから緊張で白目剥いていましたが、直前に全員でジンという名の超神水を飲み、本番に臨みました。
左から金城大師匠、CAN、わじさん、ゆりっぱ、kyokoさん
曲は「安里屋ゆんた」と「島唄」。
「ゆんた」
個人的にミスしまくったけど大師匠率いるみんなの力で乗り切りました。


「島唄」
始まってすぐにザワザワ・・・音程ずれてるのかなって不安になってたら


演奏中にサイドで流してた沖縄PR用のDVDでエステやスパを楽しんでいる半裸の女性が出ていた。


・・・ベンガル人には刺激強すぎ!!しばらく三線そっちのけになっちゃいました。


てなこともありましたが、演奏はそれなりにうまくいきました。


イベント自体も本当に大成功に終わりました。
試験結果は合格率11%くらいで、他のアジア諸国が10%台であることを考えれば立派な数字だそうです。
ちなみに最高得点者は日本に行けるという素敵な特典付きで、表彰時の盛り上がりもかなりもんでした。


開催までの詳しい経緯はわからないけど、1人もしくは数人の思いつきが他の隊員も周りの日本人もベンガル人も巻き込んでかたちになっていき、この規模のイベントになったのは、本当に、単純にすごい。
「協力隊」が線になるとさらにパワーを発揮するところを見せてもらいました。


別にこんなにでっかいことじゃなくてもいいから、何か新しいことを思いついた時に「どうせ無理だ」という言葉で片づけることだけはしないでおこう、そう思いましたとさ。


そして「ショナルガオン」には日本に帰る前に絶対泊まったる!1650タカのビュッフェも食べたる!そう思いましたとさ。

2 件のコメント:

  1. 『ショナルガオン』『ウェスティン』『シェラトン』この3つのホテルを、是非CANさんに日本に帰るまでに泊って欲しいですな!!

    自分の中で
    勝手にバングラ3大ホテルと呼んでます。他にもあるんだけどね・・・

    自分の中では『シェラトン』がお気に入りです^^

    返信削除
  2. 『ショナルガオン』と『ウェスティン』は、正直狙ってました。『シェラトン』も追加しときます!!
    この3大ホテルは泊まったります。とりあえず今年中に1つは・・・?

    返信削除