2010年12月17日金曜日

チッタゴン-Intermission-

ここ来てから完全に太った、僕ですよ、どうも。
せっかくのバングラ第2の都市。バスケだけではもったいないと、微妙に動いています。
微妙にいろいろありました。



同期のkyokoさん率いるチッタゴン隊員たちと夕飯を食べました。いや、ディナーというべきか。
ダッカでもあんまないようなおされな店でステーキを^^
ボリュームもあってうまし。来チ初の出費(!)は大成功でした。


チッタゴン隊員はアンバランスな感じがするけどそこがまた絶妙で、見てるだけで十分面白いです。


あとんした!


②『Victory Day』が近いこともあってそこら中でバングラの国旗やはちまきを売ってます(これについては別枠で書こう)
練習に行く途中に大学生が国旗を買っているのを見かけたので、値段聞くために話しかけたらベンガル語話せる外国人に興奮したのかすごく嬉しそうで、一緒に練習場所まで歩きながら話しました。


冷静に考えると日本ではあまりないっすね、こういうの。
今となっては全然普通になってますが。


ま、そういうわけで、最後にはなぜか2枚買った国旗のうち1枚をくれました。
もう1枚の国旗を頭に巻いてご機嫌です。


あとーんす。




③会場である学校にはもちろん生徒がいます。
たぶん時期的にテストなんでしょうが、これも『Victory Day』に向けて各々絵を描いていました。


教育隊員の話を聞くと、「先生の指示のもと画一的な絵を描かされる」という印象がありましたが、
あら、案外うまいさー。


やっぱりボンゴボンドゥ(バングラ独立の父)の絵は何も見ないである程度描けるもんなんすねー。


④今回のキャンプの関係者からダワットを受けました。(ダワット=食事の招待)
「クラブに行くよ。ビールとかワインとかあるよ」って言ってたからそういう「クラブ」かと思ったら、
セレブ系の人だけが使える会員制クラブでした。
ダッカとかグルシャンにもあるみたいっす。クラブっていうか、倶楽部です。


ただ時間がなくて(だって3試合も見させられたし・・・)ジャージ姿だったのでドレスコードのある建物には入れないということで、プールサイドで食事をとりました。
ビールを飲むベンガル人の姿を写真に収める準備万端だったけど、アルコールは建物の外では禁止らしく、ハイネケンを2本お土産にもらいました。惜しい。


とにかくガチででかい倶楽部のようで、テニスコートとかサッカーフィールドとかあると言ってましたよ。
途上国だなんだ言いながら、あるところに金や富はあるんです。


たぶんあと1回行くはずなので、そのときは内部を撮ってやろうと思います。



0 件のコメント:

コメントを投稿