2010年10月31日日曜日

3ヶ月後研修

どうも、近頃ブログは敬語な僕です。
特に理由はないんだけどね。


24日から3泊4日でノルシンディのPAPRIという団体で研修に行っていました。
PAPRIとは「Poverty Alleviation through Participatory Rural Initiatives」の略です。
そこでは貧困緩和・解決のための様々なNGOのプログラムを見学することができました。


村を回って障がい児のリハビリ・自立支援をしたり、UNICEFのサポートのもと村人たちに衛生教育をしたり、女性に働く機会を与えたり、「マイクロクレジット」という無担保・低金利な貸付をしたりと、いろいろでした。
(内容間違ってたらごめんなさい)


「日本人に見せる用」としてある程度用意されたものだったとしても、バングラデシュの村をその中に入って見ることができたこと、そしてこのようなプログラムがあることを知れたことが重要かと思います。
特に「マイクロクレジット」はバングラにおいて重要で、それなりに成果を出しているようです。
概要は知ってたけど、その現場を見て、いい点や問題点を垣間見ることができました。




そして案の定どの村や施設に行ってもたくさんの人が集まってきて、プログラムの見学や質疑応答が終わったあとは劇を見せてくれたり歌を歌ってくれたり、歌わされたりしました。
ここでサエコはアル中隊員からカナモシャ隊員へとランクアップしました。
音楽の力はすごい。
アブラハムを歌い踊る同期たち
事情により三線も持っていってました


自分のベンガル語力のカス具合を認識してしまいましたが、良い経験になったと思います。
この経験を自分の活動の中でどう生かすか、それを少しでも考えていければいいですね。

2010年10月23日土曜日

金曜のできごと

どうも。
さっきとうとうウィスキーが空になってしまった、僕です。
また買ってこないといけませんね。




金曜は朝から生徒とともに清掃。
2か月前のチリアカナでやったやつを、毎月自分たちでやっていこうというやつがとうとうかたちになりました。「I LOVE CLEAN BKSP」のビブスもできあがりましたよ。
月に1回、2学年ずつ集めて実施になります。
今月はクラス9,10で、来月が7,8という予定。
もちろん全員集まるはずないけど、25名くらいは来ていたと思います。


キングとプリンシパル
正味1時間くらいの活動でしたが、少しずつ生徒の意識に変化を生み出せたら、そしてそれが生徒だけじゃなくコーチや先生、外部のひとたちにまで広がっていったら素敵ですよね。
おつかれさまでした。


部屋にもどる。
水曜くらいに余分なベッドをどかして、冷蔵庫も移動してて、本棚買おうと思ったらオフィスからもらえちゃいました。
本当に家具に金使ってないなー。
んでそのもらってきた本棚を搬入&本の整理。
こんな感じになりましたー。
右に見える椅子の位置が定まらないけど、まぁとりあえずこんなもんで。


でも、いなくなって初めて気づいた。「やっぱりあのベッド邪魔だったんだ」って。


*******


明日から研修やらなにやらで1週間以上この部屋を空けることになります。
忘れ物しないように気をつけましょう。

2010年10月22日金曜日

平日のできごと

今日も、僕です。


10月18日
BKSPでちょっとしたショモッシャ(problem)がありました。
アーミーのセレクションがありまして、その選考をなぜかバスケコートで、練習の時間帯にやっていまして。
ま、練習ができなかったというわけです。
なんだよそれ。なんでわざわざその時間にぶつけてくるんだよ。こんちくせう。てわけでサッカーと筋トレして終了。

問題は朝でした。
「アーミーの試験あるよ@BKSP」ていう広告か何かを見てたくさんの志願者が集まったにも関わらず、
アーミー側がゲートの時点で「こいつは入れてこいつは入れない」みたいなことを勝手に決めてしまったらしいんす。

遠くから来た人ももちろんいたようで、それにブチギレた「門前払われ組」がアーミーの車をぶっこわした、んですって。
BKSP入口で、事件後の車を取り囲むアーミーと警察
車の窓はこんな感じになりました。火も出たようです。
 翌日の新聞にも載ったらしいけど、確認できておりません。


10月19日
この日なんらかの理由でジラニバザールへ。
最終的に何も買わなかったけど、中で叩き売り的なことをしていました。
おっさんがマイクで商品(瓶詰の変な液体)の説明をして、横のアシスタントがサポート、みたいな感じでした。
ちょこちょこ周りの客を使って何かしていたようだけど、すーみーだったのでよくわからんです。


テンション高く話をしているおっさんの横で、アシストする気ゼロのアシスタント。


今度やってたら買ってみましょうね。




この日と翌日21日の練習は生徒の意識の低さに辟易してしまったんだけど、ここでは書きません。
やっぱり技術云々だけじゃなく、そのへんがこの2年での大きな課題になってくると思います。


あと今週は生徒が来月インドで試合するためのビザ申請の手伝いをしていたので、なんだか無駄に疲れました。
でも本棚もらえたからいいや。
てことで「金曜のできごと」につづく。

2010年10月20日水曜日

ジラニバザール

トイレットペーパーやティッシュを買う必要すらない、どうも、僕です。
言えば出てきます、あと手洗い用の石鹸も・・・

BKSPの近くには『ジラニバザール』という市場があります。ゲートを出て徒歩2分。
たまにぶらっと出かけたりします。スプライトとか小さなバケツくらいしか買ったことないけどね。


サイズの割に力あるとは思ってたけど、ちゃんと見てみると思った以上に何でも揃いますわ。下手な街よりいいかも。

てわけで今回はバングラ文化紹介的な感じでこのバザールの様子をお届けします。
バングラ隊員にはなんの新しさもない内容です。

まずイメージとしては汚い公設市場ってことにしといてください。

こんな感じで野菜が置いてあったりします。


鳥はこんな風になってて、買うとその場でさばいてくれます。
まず首おとして、血を抜いて、皮剥いで・・・て感じっすね。






牛肉がこんな感じでぶらさがってたり、






その前で不可思議なポーズをとるおっさんがいたり、






2人で肉を優しく包んでみたり、




そんなジラニバザールです。


魚も売ってます。基本は川魚ですけどねー。






バザールに行くと季節ごとの野菜がわかりますねー。
キャベツはちょっと前から、カリフラワーは最近から、BKSPの飯にも出てくるようになりました。






もちろん果物も売ってます。
が、見える限りではりんごとオレンジばっかり。あ、ぶどうも売ってたかも。
毎昼食に出てくるオレンジには飽きてます、実際。


夏になるとマンゴーやらジャックフルーツやらが並びますよ。
つか梨のシーズンって終わったんでしょうか。




ウージもありまーす。


以上、地元の市場紹介、ジラニバザールでした。
正直、行かないでおこうと思えば2年間行かないでも全然やっていけてしまうんですが、たまには無駄に足を運びたいと思います。



2010年10月18日月曜日

マイメンシンにて+α

どうも、最近知らないうちに切り傷ができてる、僕です。
なぜこんなところにかさぶたが?てことがよくあります。
どうでもいいんですけどね。

週末はマイメンシンに行ってきました。何度目の訪問でしょうか。4度目くらいかな。
今回は俺を含めて同期3人(サチヨ、森meg)での行動です。
昼ごはん@SARiNDAを食べた後、トントン(電動バイク)を捕まえて農業大学へ。
ちなみにSARiNDAはマイメンシンに行くならお勧めのレストランです。Bataの2階にあります。Bataたくさんあるけど。

たぶん15分くらいで到着。


そしてそのトントンでそのまま敷地内をまわってもらいましたー。
入口の写真撮るの忘れた・・・
序盤は学生の寮とかが並んでおり、さらに進むと校舎や畑がひろがるひろがる。
ここは南アジア最大の農業大学で、トントンの運転手によると、「学生は1万人くらいで、海外からの学生も多い」んですって。
日本人もいるって言ってたけど、本当かねー。
どのみちこの日は連休ということであまり人もおらず、バングラの喧騒から逃れ。
「米畑」 by 森meg ・・・米畑?

バナナの木もたくさーん
nuclear agricultureって訳したら何なんでしょうか。とりあえずきっと細胞系でしょうな。
こういう研究棟みたいなのもちょこちょこ見られました。

が、基本は畑や田んぼが主だったと思います。


かなりよんなーよんなーで回ってたけど、4,50分はかかったでしょうか。それでもたぶん全部見てないし。
入口で下ろしてもらって敷地内は歩こうとちょっとでも思った俺が愚かでした。
今度は一眼レフ持って遊びに来たいっすね。


そして川沿いのカフェへ。これもSARiNDAです。マイメンシンはほぼこいつらの手中にあるといっても過言じゃナイス。


農業大学から一転、ここは人、ひと、ヒト・・・友達からカップルから家族から、いろいろです。
ラッシーを飲みながらそれを眺めていると・・・


「コーチ!」




え?
ションギット!?


「おめーこんなとこでなにしてんだ」
「休みだから出てきたんす」
「じゃあパーミッションはもらったのか」
「ノーコーチ」
「・・・パーミッションなかったら出たらダメなんだろ?」
「ジー、でもみんな出てるんす」
「いやいや・・・」
「マハブーブコーチ(カウンターパート)には言わないで」
「あ、ああ・・・」
「じゃあ明日の練習で!」


・・・あまりに突然の出来事で混乱してたし、キレイな彼女もいたし、怒るテンションにもなれず・・・




ていうか、隠れろよ!!

楽しげに話しかけちゃうなよ!!

パーミッションもらったんすよ~って言えよ!!



そんなツッコミも呑み込んで、1日が終了しましたとさ。




*翌日の練習前にションギットを呼び出し、一応再び状況確認。
「気持ちはわかるけどダメなことはダメ、間違いは間違いだ。みんながやってるとか関係ないぞ」
「君はいい選手になると思う。そして来年再来年良いリーダーになってほしい。そのためには・・・」
「discipline(規律)っすね」
「そうだ、今回のことは誰にも言わないから、次から頼むぞ」
「ソーリーコーチ」
よしよし、気持ちは伝わったかな。


練習後の帰り道、笑顔のションギット


「コーチ、昨日撮った彼女との写真、現像してください」


・・・なんだかなー

2010年10月17日日曜日

近頃の僕とバスケとBKSP

久しぶりに一人BKSPで休憩している、どうも僕です
最近はこういう時間が必要だったのに、用事があってダッカにあがらきゃいけない週末が続いてたから、よかった。
今日は三線弾きながら、いくつか日記書きながら、ダラダラ過ごしてやるんだい。

てわけで現時点でのバスケ関連の出来事を書きたいと思います。文字のみで長々と失礼します。

①先々週試合をしたアーミーと、また練習試合をして、
今回は俺が指揮を執ることに。
オフェンス、ディフェンスいろいろあるけど、1番の収穫はベンチメンバーたちのがんばり。
前半で15点差つけたから、5分くらい主要メンバー下げても問題ないだろう。
という理由で送りだした。もたついて序盤1ケタまで詰められたけど、「無駄に足をとめない」ということを意識してとにかく動いていたから、一時20点くらいまで広げることができた。
先輩いなくてもある程度やれるという自信につながったでしょう。

しかしここで楽しくない出来事。
終盤また詰められつつも「もう3Qは任せてみよう、逆転されなければいいや」てことで静観してたわけですが、横に座ってたアシスタントコーチが焦って興奮して「交代、交代!」て言い続けるから断ることもできず、残り1分で交代してしまった。

そして4QになったらHCも出てきて指示始めちゃいました。

ここでCANさん完全にモーン カラーップ!

勝つためだけなら5アウトでエースの1on1もわかるけどさ、それ前回もやったし、それに頼り切ってたらチームとして前に進めないぜおい。とか思ったり思わなかったり。
つか、今回は俺に全部任せるって言ってくれてたじゃないか、なんだよこんちくせう。

ま、この学校のお偉いさんたちはとにかく「結果」が全てなところがあるから、その人たちが見に来たとなればHCたちも目先の勝利を優先せざるを得ないというのはすでに理解している。
それでも普通に指揮してれば勝てたとは思うんだけど。

明らかに表情に出てたから、試合後HCに理由を聞かれ、まあ大体は伝えられたと思います。
やはり理解のある人ではありますね。うちのカウンターパートは。

②うちにはナショナルプレイヤーが2人いて、2人とも試験のために朝練は来ていない。(実際なにしてるか知らんけど)
機嫌損ねて練習来なくなられたら困るから、必要以上に厳しくしないほうがいいらしい。

うち1人はインサイド気味のプレイヤー。性格はよくわからない。
ただ遅刻してくるし、その理由が「寝てた」だし、練習始まってても歩いて来るし、何事もなかったように練習入ってくるし、それが2日続いた日には

CANさん完全に
モーン カラーップ!!

お前は何様なんだよ、と。
何も言わずに練習ゲームのメンバーから外してあげて、あとでHCにフォローしてもらいました。

バスケがうまけりゃなにしてもいいのかよ、てことですよ。
じゃなくてお前らが後輩たちの見本にならなきゃいけないんだろ、と。

スポーツの世界ではバングラタイムは通用させたくない。規律とか大事にさせたい。国を背負いたいと思ってるならなおさらだ。
もし将来アーミーに行くなら、それはそれで必要だ。
正直、こいつに関しては納得するかわからない、ほとんど話したこともないし。たぶんもうすぐいなくなるし。
ただ、新人やそのちょい上の世代は俺を慕ってくれてる(はず・・・)から、そのへんをもう1度しっかりと伝えていきたいものです。

2010年10月13日水曜日

プロマン

どうも、最近異様に眠い、僕です。
昨日朝練終わって飯食って、気がついたら寝てました。
ほぼ時間どおりにオフィスには行ったんですけどね。


さて、生徒の1人にメヘディっていうやつがいるんですけど、




あ、そう、こいつですね。
かわいいやつですよ、急にミュージカル風に歌い出すし、弟キャラにして小さい子どもにはいい兄貴的な。
線は細めだけどバスケセンスもあって、今日の試合でもスタメンでした。


まぁそいつが今日の朝練のあとの帰り道で
「コーチ、アミ モン カラップ」(俺 機嫌 よくない)
「ケノ?」(なんで?)
てな感じで理由を聞いてみると、なんでも彼女が「あんた私のこと好きじゃないんでしょ?」って言ってきたようで。
メ「いや好きだよ」
彼女「じゃあプロマン(証拠)見せてよ」的な感じで、こうなりました。




これは赤ペンで書いてるわけではなく、ペンとかとがったやつで身体を削って内出血させてるんですね。プチタトゥー的な。
うぅ、見てたらぞわぞわする。


そういやホームステイしてたときもシスターが遊びでこんな風に身体削って文字書いてて、俺も少しやられて「いや、普通に痛いっす、やめてくれると嬉しいっす」と思ったものです。


なわけで俺は絶対にやらないけど、メヘディは言ってました。


「休みに家に帰って彼女に会った時に、目の前でまたこれをやるんだ」


・・・いま、いらなくねぇ?


と思ったけど、近くにいなくてもこんなことちゃんとやれるくらい好きなんだねーうんうん。
まー日本でこれやられたらちょっと引いちゃうけどねー。まっすぐで素敵だねー。


そんな彼は今日も
「この前(チリアカナが来たとき)一緒に写真を撮った日本人女の子と結婚したい」と言い続けております。

2010年10月12日火曜日

ベンガル語4

今日も、僕です。なんかつかれました。
本日の出来事はちがうやつに書きます。あとで自分が復習しやすいように。

ちょっと単語につながりとかがなさすぎるな・・・
とりあえず生徒やカウンターパートが使ってたから聞いてみたものの、今後使わないだろうものもありまくり。
一応全部書いときましょうね。よく使いそうなのは赤だ。

2010年10月11日月曜日

報告書かいたったぞ

標記のとおりです。
本来なら先月出しとけよって話ですが、まぁ前後1ヶ月は大丈夫ですし。
最初はちょっとにりーだと思ってたけど、この3ヶ月を軽く振りかえるという意味では良かった。
そんなふうに思ってる、どうも、僕です。


ちなみに報告書とは活動期間中に5回(3ヶ月、半年、1年、1年半、2年)出さなくてはならないものです。


そんな僕ですが、今日、部屋に時計を置きました。
実際には旅行前にダッカで買ってたんだけど、荷物とか多くて持って帰るのにりーだったのでしばらくハウスにおいてけぼりにしてたんですね。
週末にBKSPに持ってきて、今日久々にジラニバザール行って電池2本(30タカ)買って、ようやく動き始めたというわけです。



これです。
バングラデシュの形をしています。こうやって見ると北海道みたいですねー。
中のぐちゃぐちゃしたのは県境。はっきり言って、雑。


そして良く見ると、8が逆になってますな。




そんなことよりも・・・




2、3、4、4、6・・・あ、新しすぎる。


・・・気づけよ!


まーでもこのミスと、中学生が糸のこで作ったようなチープさが逆に気に入って買ってしまったんですけどね。


250タカが高いのか安いのか全然わからないけど、電池を入れて数時間経った今もちゃんと時を刻んでいるからよしとしましょう。

2010年10月7日木曜日

練習試合

どうも。イード明け以降いまだに1週間フルで練習に出れていない、僕です。

今日はアーミーがやってきたぞ。練習試合だったのです。
昨日ダッカから帰ってきた時に初めてそういう話を聞きました。急に決まったっぽい。


つか、アーミーって来月ナショナルの大会であたるのに手の内見せていいんか?


と思ってたけど、どうやら違う地域らしい。今回はサバール。ナショナルであたるのはメインのとこらしい。
初の対外試合てことで、俺はしばらく上から見ることにしました。
メンバー外の選手たちは準備。この黒板に得点を書いていくのです。


試合開始直前。ちばりよー的なかけ声で。思ったより熱いやし。
試合の写真をアップしようとしたけど、うまくいかないので文字でおおまかな展開を。


10点以上差をつけるも、追いつかれ、ちょっとだけ逆転され、逆転しかえし、なんやかんやで勝ちました。
最終的に何点差だったのかは黒板が見づらすぎてわからなかったんですが←近くに行けよって話ですが。


試合後の「あざーした」的な握手をして、終了。 
おつかれさまでした。


感想。


「思ったよりやるじゃん、 BKSP」ってのが本音。
相手がさほどうまくなかったのもあるけど、まじめにやればこんだけできるんだね。
練習より試合の方がモチベーションや集中力あるのは当然だけど、練習しか見てない俺からしたら「ああ、ちゃんとやれば現時点でここまではできるわけね」といういい目安ができた。
パスセンスのなさ、オフボールでの動きの悪さ、ディフェンスのポジションや視線、足の動かなさなど、課題を挙げればきりがない。
それでもその課題が本気の試合を通して見えたのはでかい。
つーか練習のときどんだけ力抜いてるんだよ。。。

そしてバスケはどのスポーツよりも言語力必要かもしれないということに気づいてしまった。
タイムアウトの短い間に言いたいこと言わなきゃいけないんすよ。
「うー、あー」て考えてる間に終わっちゃいますよ。。。
勉強頑張らなきゃだなぁ。

**************


夜はコーチが寮に来てくれて、今日のビデオを軽く見ながら反省会など。
このカウンターパート、同期のみならず全隊員のと比べても絶対上位に入ると思います。
あと1年9か月、協力してやっていきましょうね。
そしてまずはナショナルトーナメント@ダッカに向けてしっかり練習させましょうね。


**************

先月終盤の全体的にモヤモヤした流れから、状況も自分も調子は上向きだと思います。

報告書も早く終わらして、楽しい10月にしたいものですな。