2010年11月30日火曜日

ここ1,2ヶ月のべんがるご

どうも、最近疲れ気味の、僕です。
完全に練習後のジョギングのせいですけどね、やめるわけにもいきません。

ベンガル語のやつも、自己満足でいいから続けないとね。
今ある引き出しである程度の会話くらいならできてしまうけど、英語力が落ちてるだけだと不公平だし。

2010年11月27日土曜日

雑記オブザマンス

はい、どうも、1月の健康診断に向けて減量を目指してジョギングを始めた、僕です。
今日で5日目くらいです。とりあえずBKSPを1周して、15分くらい。徐々に距離を伸ばしていきたいと思い中。
バングラの街中ではほぼ無理だろうけど、BKSPなら安心して走れますねー。

スポーツ隊員が筋肉落ちて脂肪ついて体重まで増えたんじゃー話にならないし、頑張ります。

2010年11月26日金曜日

あめりかじんがやってきたぞ

どうも、1人でのBKSPに完全に飽きている、僕です。
特に今日は何もなかったから、さみしいさみしい。
任地で1人の隊員って休日何してるんでしょ。すごいなぁ。

イード休み記録4すんどるぼん

最近起きてから1時間くらいはのどが痛い、どうも僕です。
体調自体は何も問題ないのに、ちょこちょこ鼻水とかも出たりします。


というわけで休みの記録も終盤。
17日コロバニイードの朝にジョバイを見た後、JICA関係+企業の方総勢45名くらいで「シュンドルボン」へ行きました。
シュンドルボンはバングラ南西部にある世界最大のマングローブで、世界遺産にもなっています。
サル、トラ、イノシシ、シカなど、いろんな動物たちも住んでいます。

2010年11月23日火曜日

イード休み記録3ていうかいーどってなにさ

イード休みイード休み言ってるけど、そもそもイードってなんなのか、これを見てる数少ない沖縄東京の人のために解説しまーす。そんなどうも僕です。
ただ写真ちょいグロなので無理な人はやめませう。

イード休み記録2・たんがいる

どぅーも、ページが重くなるから途中で文を切ることにした、僕です。


13日
タンガイルという地域に行ってきました。サリーと、チョムチョムっていうくそ甘いお菓子が有名な土地です。
そして同期のさち代(小学校教諭)と先輩わじさん(PC)の任地でもあります。彼らは屋上に住んでいます。

2010年11月22日月曜日

イード休み記録1・にほんじんがっこう

どうも、1人@BKSPの、僕です。
10日くらいから休みに入って、いろいろ動きました。例のごとくいくつかに分けて適当にまとめしょうね。

2010年11月12日金曜日

バスケ追記

休みに入って、ハウスでダラダラ、そして体調が微妙な、どうも僕です。


バスケの決勝は
アーミー × ネイビー
でした。


去年と同じ顔合わせ。去年はアーミーが優勝してます。


調子の出ないアーミーに対し、出だしからネイビーがまあまあなディフェンスとまあまあなスコアリングで差をつける。
中盤アーミーのシュートタッチも戻り、いくつか速攻も出て点差が詰まるも、大事なとこではネイビーのアウトサイドなどが決まり、5点差でネイビーが勝ちました。


まー結果はどうでもいいんです。


国内頂上決戦を見て思ったのは
・審判雰囲気で吹いてないか?
その位置からじゃファウルもバイオレーションも見えないでしょって位置から響く笛。
ただ自信持って吹いてるし、変な話そんな偏りがあるわけでもないからよし。


・オフボールでの動きが良くない。スクリーンも少ない。
ドライブからパスアウトしたり、それに合わせるってのはまあまあ。ただあくまでレシーバーが個として判断している。
1人で動いてもらったりはできるけど、ボールのないところで相手をうまく生かすプレイがあまりない。スクリーンとかね。
実はスクリーナーがボールもらいやすいってのもわかってない感じだし、スクリーナーに対するスクリーン等もない。
ボールマンのアクションがあって、それに合わせるというかたちが多くて、オフボールからそのアクションを起こすというケースはあまり見られなかった気がする。
やっぱこのへんが今後の狙いどころかもしれない。


・結局シュート入ったもん勝ちか?
BKSPもそうだけど、空気読まず、明らかにおかしい流れでシュート打っても、入っちゃえば反省なしみたいな空気。
試合ではともかく、練習ではいかんですな。




というわけで
アーミーネイビーはそこまでセルフィッシュなプレイヤーがいなくてそれなりにパス回るけど、相互作用がまだ乏しい。
んで、スクリーン云々とも関連するけど、2手、3手先までプレイが読めてない。


このへん教えるのは時間はず。バングラ人なら尚更。やしが焦らず「考える力」を育てていきたいっす。
休み明けから大変だろうなぁ。



2010年11月8日月曜日

大会まとめ

昨日約1週間ぶりにBKSPに帰ってきた、どうも僕です。

バスケの試合が終了しました。
大会自体は9日まであるんだけど、BKSP2次リーグで敗退したので7日で終了。
1次リーグは楽勝で勝ち抜いたものの、やはりアーミーは強いようです。

大体バングラのバスケがわかりました。
あとBKSPの選手が追い込まれた状態でどういうバスケをするのかも。

まずBKSP。
ナショナルプレイヤーに頼りすぎ。
はっきり言って、あんなん「チーム」じゃない。
ドリブルで運んで、シュート。ドリブルで運んで、ドライブイン。
他のプレイヤーがオフェンスリバウンドしたやつまたもらって、スリー。
彼はフィジカルもあるし、個人技術は問題ない。ただ決してPGではない。
深津とか海南戦の仙道みたいなPGがほしいわけです、俺は。パス優先で試合進めるけど大事なときにはシュート決めて、ディフェンスも頑張る感じの。

下の世代は自分たちだけのときは先輩たちにびびる必要もなく頑張ってたからやっぱそのへん伸ばすのがすごく大事だと思う。


バングラバスケ。
シュート、ドリブルなどの個人技術においてはBKSPと大きな差はないと思う。
やはりパス。パスそれ自体の精度はどのチームも高くないけど、BKSPに関してはパスに対する意識が低すぎる。あくまで「シュートもドリブルもできないなら」という認識。だからタイミングも遅くなる。

アーミーとかはゾーンに対してしっかりギャップへのパスとかスキップパスも使いながら攻めていた。
BKSPの「序盤だけ元気なゾーン」じゃ対応できない。
パスとディフェンスへの意識を変えないことには、きっと地力で勝つことはできないだろう。
やっぱりパッシングゲームを徹底させるしかない。ドリブル禁止だ。

あ、そのアーミーはおそらく沖縄のベスト8くらいかなぁ。
「なんだそのプレイは」ってのがあったりするものの、体格はいいし、意味わからない状態で案外シュート決まるし。
基礎のしっかり具合でいったら絶対日本の高校生なんだけどね、ひいき目に見てる可能性も否定できないから、一回対戦させてみたいなー。

明日はみんなで決勝を見に行きます。いろいろ学んでほしいものです。

最近あごヒゲを伸ばしている、どうも僕です。
やしがさっき少し切っちゃいました。また伸ばします。

5日金曜にJUN家にて同級生会が行われました。
同い年の先輩隊員と鍋をつつきながら酒を飲み話をする。素敵ですね。
そこで黒霧島をがっつり飲んだせいか、終盤何をしていたのかよく覚えていません。
変なことしてなければいいんですが。とりあえず鍋も黒霧もうまかったし、楽しかったです。

なぜかそこでバングラもバスケも全然関係ないことを考えていました。

今まで周りの人からそれなりにいろんな呼び方をされてきました。
「きゃん」「しょう」「きゃんびー」「きゃんしょー」「きゃんきゃん」「きゃんちゃん」・・・(さん系は省略)

まあ奇抜なものはないんですが、呼び名によって俺自身の立ち振る舞い方も微妙に違うんですよね。
東京にいるときは「きゃん」として、沖縄では「きゃんしょー」として、バングラ同期といるときは「きゃんちゃん」として動いている。特に意識していないけど、スタンスや考え方にも何かしらの違いが生じている気がします。

呼び名というよりそのコミュニティの問題かなとも思ってたわけですよ。
ふつうあるひとつのコミュニティでの呼び名ってのがだいたい決まってますからね。
ちょうど今読んでいる本に『人間もコンテクストで自己規定をしている』てなことが書いてあったりもしました。
それなら普通の話なんだけど。

コンテクストとかコミュニティとか関係なく、「きゃんしょー」って呼ばれるとなんか落ち着いて、それだけである程度心を許しそうになるんす。
今までそう呼ばれることが多かったせいなのか、響きが気に入ってるのか、理由はよくわからんですが。



まとめると、結局「きゃんしょー」て呼ばれるのが好き。
生徒に「きゃん」って言われたらぶっとばしたくなるけど、「きゃんしょー」なら許しちゃう。
それだけでした。
おそろしくどうでもいいな。

ツイッターで十分なことを、わざわざブログに書いちゃいました。

ま、ツイッターなんてやってないけどねー

2010年11月4日木曜日

ほぼエカ@JOCVハウス

どうも、昨日から試合でダッカにあがってきている僕です。


昨日23時過ぎにハウスに着いたら誰も見当たらず、部屋に行ったらCHUさんがすでに寝ていました。ノーコンタクトです。
今日は先輩隊員がいましたが、なにやらご飯を食べに行きました。


あ、「エカ」ってのは「一人」って意味です。
ひとりで適当にご飯を作ってひとりで食べるという経験を久しぶりにしたいと思い実行し、さっき食べ終わりました。


つ、つまんねぇ・・・


とは正直そんなに思わなかったけど、何の娯楽もない国でこれが続くとつらいだろうなー。
他の隊員は大変だなー、ビール飲みながらそう思いました。


さて、試合ですが、ダッカのダンモンディという場所(けっこう金持ちが住んでる)にバスケット協会とその体育館があって、そこでの開催です。
バスケ専用の体育館てことすね。
こんな感じです。案外ちゃんとしてる!!


床もコンクリじゃなーい:-)


そこで何人かの協会の人とも顔合わせをしたので、機会があれば、というかつくって、バングラのバスケの方向性とかを聞いてみたいと思います。
・・・ま、多すぎて全然名前と顔覚えてないけどね!!




*今回の大会の概要について
20チームが出場、内訳は各地域の代表+軍関係のチーム+BKSPという具合です。
最初はグループリーグだけど、前大会のベスト4は免除→4チーム×4グループで試合を行い、各グループの1位4チームと前回のベスト4を合わせて8チームでのトーナメントというかたちになります、たぶん。
ベスト4はほぼ軍関係。BKSPもグループリーグからスタート。


地域代表といっても本当に実力に差がありまくりで、BKSPのリーグにあるチームはたいしたことないです。
昨日も今日も50点以上差をつけて勝ちました。
明日も勝って何の問題もなくリーグ突破するでしょう。というか、してもらわないと困る。
BKSPがうまいっていうより、対戦相手が基準に達してないという感じだから・・・
当然課題は見つかってます。シンプルなものだけど、だからこそちゃんと努力しないと足元フラフラしたまま変なスキルだけ身につけることになってしまう。


地域代表を見たところ、研修で行ったノルシンディ地区のチームはCAN好みのバスケットを展開してくれました。
個人能力で勝ってたとしても、チームとしてのオフェンスの質でいったら普通に負けてるんじゃねーの、とさえ思いました。
変な話、ここと対戦して負けてくれると今後やりやすいんだけどな、とかも思っちゃってます。
でも真面目な話この状態で優勝なんてしないでほしい、心からそう思います。


ま、そんな感じです。きっと週末は潰れることになるんでしょう。
とりあえず頑張れるところまで頑張ります。


やしが明日は午後の試合なのでダラダラします。ひひ。

2010年11月1日月曜日

グループ名はハイサイ

どうも、鼻水とろりな僕です。
なんか変に疲れてるし、気を抜くと風邪をひきかねません。


30日土曜日はJOCVコンピュータ隊員が中心となって開かれた「ITEEコンテスト」という試験+イベントがありました。
ITEEは「Information Technology Engineers Examination」の略で、とりあえず大きめなIT関係の試験です。
大学生を中心に300人近くのベンガル人が試験を受けたわけですが、JICAはもちろんいくつかの日本企業の協賛があり、JICA所長、バングラの大臣や日本大使も出席していました。
会場はバングラ最高級の五ツ星ホテル「ショナルガオン」。


はっきりいって、相当でかいイベントでした。


そんな場所でCANさん、何を血迷ったか、三線弾いて歌ってました。
2ヶ月くらい前に「日本紹介的な感じで出ない?」て言われた時はアットホームというかある程度小さなイベントだと思って
「いっすよー」て軽々しく答えたのが発端でした。
そしてうちなーんちゅや三線所有者に声をかけ5人体制となり、各々練習をして、何回か合わせて、前日追い込んで、この日を迎えたわけです。


開始1時間前くらいから緊張で白目剥いていましたが、直前に全員でジンという名の超神水を飲み、本番に臨みました。
左から金城大師匠、CAN、わじさん、ゆりっぱ、kyokoさん
曲は「安里屋ゆんた」と「島唄」。
「ゆんた」
個人的にミスしまくったけど大師匠率いるみんなの力で乗り切りました。


「島唄」
始まってすぐにザワザワ・・・音程ずれてるのかなって不安になってたら


演奏中にサイドで流してた沖縄PR用のDVDでエステやスパを楽しんでいる半裸の女性が出ていた。


・・・ベンガル人には刺激強すぎ!!しばらく三線そっちのけになっちゃいました。


てなこともありましたが、演奏はそれなりにうまくいきました。


イベント自体も本当に大成功に終わりました。
試験結果は合格率11%くらいで、他のアジア諸国が10%台であることを考えれば立派な数字だそうです。
ちなみに最高得点者は日本に行けるという素敵な特典付きで、表彰時の盛り上がりもかなりもんでした。


開催までの詳しい経緯はわからないけど、1人もしくは数人の思いつきが他の隊員も周りの日本人もベンガル人も巻き込んでかたちになっていき、この規模のイベントになったのは、本当に、単純にすごい。
「協力隊」が線になるとさらにパワーを発揮するところを見せてもらいました。


別にこんなにでっかいことじゃなくてもいいから、何か新しいことを思いついた時に「どうせ無理だ」という言葉で片づけることだけはしないでおこう、そう思いましたとさ。


そして「ショナルガオン」には日本に帰る前に絶対泊まったる!1650タカのビュッフェも食べたる!そう思いましたとさ。