2011年2月6日日曜日

'83 -Eighty Three-

休日でも絶対8時前後に一度は起きてしまう、どうも僕です。
夜更かしたあとくらい、安らかに眠りたいんですけどね。

今週末はダッカで。

木曜の夜。JOCVハウスにはいろいろな隊員がやってきます。

鬼が楽しそうに豆を投げていました。新しいスタイルです。

沖縄にいたら「はぁ?知らんわ節分なんて」で済ましちゃいますが、外国にいるとこういうのでもちょっとした節目を感じます。ちょっとだけね。


そしてこの日の夜は『同級生会』が行われました。
83年生ですね。CANは84年の早生まれなので、ここです。
現在バングラデシュには約80名のJOCVがいて、うちらの世代が13名。最大派閥です。
今回は9名の参加です。


料理担当はもちろんこの人、JUN。
料理の上手さ旨さだけでなく、抜群のホスピタリティを持ち合わせています。


『ワインに合う料理』ということで、チーズや鮮魚を素敵に調理。
順番はめちゃくちゃですが、これは〆のクリームパスタ。
く、くそうまい。


開始直前のテーブルに並んでいるのはカプレーゼ!
CANさんの大好きな料理のひとつです。まさかバングラで食べられるなんて。


他のディッシュもうまうまで、テンションを上げるなという方が難しかったっす。


あとんす!


別に同級生だからってその世代特有の話をしたわけでも、他年代との違いを感じてるわけでもないんですが、やっぱりなーんかいいなぁ、そう思いました。
同期に同い年がいないってのも微妙に関係あるのでしょうか。
上下関係気にしがちな性格を考えても。


同期は同期で素敵なんですけどね。


あとやっぱり「きゃんしょー」って呼ばれるのは好きだなぁ、そう思いました。
それだけで仲良くなれる気がする。誰か呼んでくれないかなぁ。頑張って広めていきたいなぁ。



ブレ散らかしてる集合写真。
もっと綺麗なやつを誰かにもらいましょうかね。 

今後さよならとようこそを繰り返すなかでのメンバーの増減も気にせず、仲良くやれたらしてもらえたらと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿