2011年2月20日日曜日

Language Follow-Up Training

どうにかちぶるやみーと熱が治まったものの、未だに鼻水と仲良しなどうも僕です。
ズルズル系じゃなくて、ネバネバ系。
ピーク時は1日でトイレットペーパー1つ分消費しました。
そして今日は奥からなぞの塊がでてきました。こいつのせいで頭痛かったんじゃないかってくらい。


そんな僕ですが、鼻をかみながら『鼻水ダイエット』の可能性を模索していました。
1回の鼻水量が5~10グラムだとして、100回かめば500~1000グラムの減量になるな、とか。


頭が逝かれてしまったようです。




さて、先週はダッカで語学フォローアップ研修を受けてきました。
赴任して約半年後、希望制で受けることができます。


今回は同期5人(うち1人はほぼ病欠)での受講です。
新しく学んだ単語とかは別枠で書きます。


基本的に午前は文法、午後は会話関係を中心に、というかたちで事前に打ち合わせていました。
文法はキモである関係詞を始めとして、複合動詞やら受動態やらを確認/学習する予定でした。


全体として当然ためにはなりましたが、「もっと効率よく、もっとたくさんのことを学べたはず」というのが感想です。


まず、教え方に関して。


最も使いこなせるようになりたいと願っていた関係詞、系統性もフレキシブルさもありませんでした。


単数形の次に複数形を教えたと思ったら、次は複数形を先にやって思い出したように単数形を。
うちらにある程度の基礎があったからいいものの、知識ゼロの人が受けたら右往左往しかねません。
そのうえ、「○○と○○使って例文どうぞ」が続きまして、固定的すぎて応用がきかないなぁと思いました。
ので、勝手に○○と××を組み合わせて使って、そこから展開をはかりました。


つーかもっと例文とか会話中心でやってほしかったです。
授業中も何回か「もっと話をしたい」と伝えたつもりなんですが。


そして複合動詞に関しては、ほぼノープランなんじゃないかという印象すら受けました。
同期が持ってきた訓練所時代の教科書をちょこちょこ見ながら、それを説明していく、的な。
それがなかったらどうするつもりだったんだ。


もっと新しいのが知りたかったんだけどなぁ。
前以て準備してくれてると思ってたんだけどなぁ。


他にもつっこみどころというか不満は正直ありますが、ベースとして

副校長との打ち合わせの内容が担当の先生までしっかり伝わっていなかった



という印象を受けました。てか、完全にそうです。


打ち合わせ時に副校長に渡した「これこれしたいです」の紙をただ横流して終わってるんじゃなかろうか、つーことです。

極めつけはテスト。

音読:読む練習なんてしてないんですけど?
リスニング:3日間の内容と関係ないし、新しい単語出てきすぎ。耳のテストじゃない。
オーラル:受動態のルールを言えって?そんなことより運用能力を試してください。


ま、俺自身もうちょい頑張れたんじゃないかっていう話もあるわけですが。


勉強になった部分は活かすとして、次回以降さらに効率よくできるようにうまいことフィードバックしていきたいと思います、はい。

2 件のコメント:

  1. きゃんくんお疲れ。

    体調崩したみたいやけど大丈夫??
    無理せんと!!!

    でお願いがあってですね、このキャンくんのブログを俺のブログのリンクに貼ってもよろしいでしょうか?
    日本にいる家族やなんかに色んな人のこと知ってもらえたらと思いましてですね。よろしければ貼らせてください。

    返信削除
  2. おつかれ~
    体調はもうほとんど大丈夫っす。あとんす。

    リンクの件、どうぞどうぞ。貼られるほどのあれじゃないけど、貼ってもらえるなら喜んで^^

    返信削除