2011年3月22日火曜日

Quake

どうも、久しぶりに自分のPCを触っている、僕です。
書くべきことがいくつかありますが、時系列意識しすぎずに、書けるものから残しておこう。


3月11日の地震からすでに10日が経っています。


ちょうどネットに接続していたのでタイムラグもなく知ったんですが、
mixiかYahooのニュースで文字で見たときの正直な印象は「ふーん、大変だなぁ」でした。
全然なにがなんだかわかっていませんでした。


次第にその規模などが明らかになり、原発の話があり、余震は終わらず、死者数はいまだ増え続けています。
ただ基本的にはそれらの映像を見てはじめて実感が湧いた、事の重大さを認識した、という感じです。




亡くなられた方のご冥福と、被災地の一日も早い復興と安全の確保を祈っています。






あとはぐちゃぐちゃ書いてもつまらないので、この10日間で特に考えたことだけ書いておきます。


素敵だなと思ったこと

JOCVたちがすでに動き出そうとしていたこと
総会で何ができるか話しあうチャンスがあったのは、展開は二の次で、良かったです。

ベンガル人たちも心配してくれていたこと

CPからも電話来たし、facebookでもメッセージがきました。
見知らぬベンガル人にも、心配されました。
家族は、友達は大丈夫か?と聞いてくれます。すごくありがたいんです。

日本人がパニックにならず、略奪とかもほぼなかったこと

すでに海外から評価されていますが、こういう事態だからこそ国民全体としての質の高さが問われますよね。
申し訳ないけど、アメリカだったらこうはいかなかったと思います。カトリーナのとき然り。




正直なこと
なんかどうも『自粛ムード』がありすぎだと思います。


「日本ではたくさんの人が苦しんでるのに、今こんなことをするのは不謹慎じゃないか」
て思い過ぎな気がします。

人によっては楽しくご飯食べてるだけで不謹慎とか言われかねません。
マンガ読んでるだけでも言われるかもしれません。



関連して、身勝手な話。

家族や、ともだちの多くは沖縄に住んでいるから当然被害はありません。
大学時代のともだちも、悪い意味で何かあったという話は今のところ聞いていません。

連絡取ってない人ももちろんいますが、無根拠ながら「きっと大丈夫でしょ」と思っている自分がいます。
被害の大きさを身体で感じていないってのと、どこか楽観的な部分があるせいだと思います。


そして結局、僕は被災者ではありません。
友達や知り合いに被害がなくてほっとしてるような、そんな人です。


彼らの気持ちを推し量ること、彼らのために何ができるか考えること、何かしらの行動を起こすことはできても、
彼らになることはできません。



四六時中憂いて悲しい表情浮かべるのが僕らの仕事じゃないと思います。
最低限周りに気を遣う必要はもちろんあるけど、ここでやれることやるしかないんですよ。


僕は僕で楽しく頑張らせてもらいます。ブログにも、楽しいことたくさん書いていこうと思います。


最後に
事態が落ち着いて、被災者の方々の必要なものがはっきりしてきて、こっちにできることが増えてきたときに、
周りの「熱」がこのままであることを願っています。


0 件のコメント:

コメントを投稿