2011年3月30日水曜日

ROOKIES

どうも、最近部屋が汚い、僕です。


トーナメントも終わり、練習再開です。
というか試合の話書いてないね。


3月26日がバングラの独立記念日(でいいのかな?)で、それに合わせた大会でした。
招待された8チーム中、2位。
決勝でネイビーに負けました。点差まで予想どおりです。


今回、ほとんど関わってない生徒たち(テストなどで練習にも出てなかった)がメインでプレイしてたこともあり、
CANさんはギャラリーから観戦することにしたわけなんですが、
正直「まあ、こんなもんでしょう」というのが感想です。
課題は何も修正されてないし。


結局「シュート入ったもん勝ち」「でかいもん勝ち」みたいな意識が見られます。
シュートはともかく、身長はどうにもならないんだから、それを言い訳にせずカバーすることを考えろよ。


という感じです。




さてさて、それは置いといて、新入生がやってきました。
今年は6人、うち5人はタレントハントで呼ばれた子たちです。


「ちゃんとした基礎を固めればそのあと伸びるのも早い」ということで、
ルーキー+2年目の選手たちを僕が担当することになりました。


夏休みまでの3週間、完全に別でやります。9ヶ月目にして初の、完全セパレート。
手を抜くシニアにわじわじーする必要がなくなりますが、
努力する意志を持った生徒を見れない、パッシングの精度をもっと上げたかったなど、
心残りなこともあります。




が、ここは与えられたチャンスを存分に生かして、
このルーキーたちのバスケキャリアの礎をしっかり築いていきたいと思います。


実はド新人を教えるのは初めてなので、さまざまなアプローチ法を試して経験値を上げるためにも
妥協せずに頑張っていきませう。

0 件のコメント:

コメントを投稿