2011年3月28日月曜日

Zoo

だるい!ぼくです。どうも。
また書くこと溜まりかけてます。ちくせう!1個ずつ処理だ。

3月25日きんようび

えっと、何の日でしたっけ?

・・・そう、チリアカナのタンガイル公演の日です。
「チリアカナ」とは・・・8月末の記事参照で。
ま、人形劇などを通して特に子どもたちに対して啓発活動を行っているわけですね。
それにしてもBKSP公演から7カ月経ってんのか。怖すぎるぞ。

とまあCANさんは当然メンバーではありませんが、ひょんなことからお手伝いすることになりました。

タンガイルまでバスで3時間。
そしてその中心地(といっても田舎ですが)からさらに車で2時間、完全なるグラム(村)へ。

その頃には臀部に鈍い痛みを覚え、
「BKSPから直接行けば良かった・・・」と思いまくっていたのは言うまでもありません。。。

公演の地に降り立つメンバーたち。
彼らを取りまとめる、団長。しょんしょんさん。

・・・渋すぎます。
"Bad City"が流れてきそうな勢いです。古いか。


今回は村のメラ(お祭り)の中での公演でした。
こんな感じ。


「食べる前に手を洗わなきゃね」「ゴミのポイ捨てダメよね」などを劇を通して伝えていきます。


聞き入る観衆。




この他に歌あり、三線あり(このために来た)、子どもも巻き込んだ劇ありで盛りだくさんでした。
『大きなカブ』のカブ役、CHUさん。
超大役です。全然抜けませんでした。
かわいいなぁ、なんか。


感想・・・
27歳初日をほぼ移動に費やすという初体験は置いといて、チリアカナの活動は刺激になります。
目的もはっきりしてるし、人々との触れ合いもあるし、ベンガル語も少し上達しそうだし。
今後もたまーに同行させてもらって刺激をもらおう。ごくたまに。なるべく移動が辛くなさそうなときに。




おまけ①
村のこども。眼力あります。鼻は隙だらけです。
絵に描いたような青っぱなです。


おまけ②
村の子どもその2。第一ボタンだけ留めて、へそをオープン。
春先から夏にかけてバングラで流行することは疑いありません。


おまけ③
キャッスルさん。


ふつうに気持ち悪いです。


0 件のコメント:

コメントを投稿