2011年4月15日金曜日

Bangla New Year 4/14

どうも、今日も、普通。僕です。
4月14日はバングラ新年です。1418年になりました。
旧正月とかみたいに年によって変わるわけではなく、毎年4月14日で固定です。(よね?)


「明けましておめでとう」は「シュボ ノボボルショ」です。
シュボ=Happy ノボ=new ボルショ=year
となります。

理由は、以下。

『昔々のムガール帝国の治世、ベンガルの地においては、イスラム暦、す なわち所謂ヒジュラ暦を基に徴税が行われておりました。しかしながら、 農業の収穫は太陽暦に基づいて行われます。ヒジュラ暦は太陰暦なので、 太陽暦と比べ一年の日数が11又は12日少なく、太陰暦の31日が太陽暦の30 日に相当するため、農民にとって、ヒジュラ暦はわずらわしいものでした。
そのため、1584年3月、アクバル大帝は、太陽暦に基づくTarikh-e-Elahi という新たな暦をベンガル地方に導入しました。これが後にいう「ボンゴ ブド」、すなわちベンガル暦です。 「じゃあ、1584年がベンガル暦元年なのかよ、それじゃ計算あわねえじゃ ん」と誰しも思いますね。もちろん違います実は、ヒジュラ暦(AH)963年のMuharram月がベンガル暦の963年の正月と 決められたのです。もうわかりましたね。ベンガル暦963年以前は存在しな いのです。
ただし、前述のとおり、太陽暦と太陰暦では一年に11~12日の日数差が ありますから、当然その後の年号には違いが生じます。 ちなみに2006年6月の現時点では、ベンガル1413年で、ヒジュラ暦1427 年。すなわち、ベンガル暦963年から1413年の太陽暦で言う422年間で14年 の差が生じたわけです。 なんだかややこしい話ですが、バングラデシュの新聞では今でも日付の 欄に、西暦、ヒジュラ暦、そしてベンガル暦が併記されていますので、一 度並べて見てみてください。Posted by chapananat 2006年06月05日 04:13 』

(引用元 http://www.chapanan.com/mt/archives/17-melmag-backnumbers/post_274.php


よーするにヒジュラ暦じゃ都合悪かったから、途中から太陽暦でいくことにして、それが始まったのがこの時期っつーことです。(よね?)
元年のない暦ってのも面白いもんです。


そんなベンガル新年、各地でメラ(お祭り)やオヌスタン(イベント)が開かれていました。
もちろんBKSPでもオヌスタンがありました。ネタ作りも兼ねて参加。


朝7時開始と言われるも「どうせそんな時間に始まらないだろう」と思い7時半起床。
8時前に行ってみると人はいるもののぐだぐだ。
DG(一番偉い人)の登場待ちでした。ほーらやっぱり。


暇つぶしに撮影。見ての通り、カカシです。
グラム(村)のお祭り感を出すために立てたらしいっす。


8時半、やってきましたDGです。
モヒシュ(水牛)に乗って、堂々の登場。


そして始まりましたオヌスタン。
歌あり、
ダンスあり、
演武的なものあり、
といった感じでした。
まさにバングラデシュのオヌスタンです。


観客もそれなりにたくさんいました。
BKSP関係者(生徒、コーチ、先生など)とその家族とか。
外部からも来てたんでしょうか、よくわかりません。


ちょっと歩くと出店もありました。
輪投げとかのゲームの店もあり、日本の正月に神社の周りにあるようなイメージでいいと思います。
もちろんグレードダウンはさせてください。


出店でおごってもらったプリとピタ。


これら自体は特別珍しいものでもないですが、CPが出していた店のものってこともあって買っときました。
あ、おごってもらったんだ。生徒に。
うまかったです。


開始15分1時間にしてすでに飽きていましたが、とりあえず残り、事態の展開を見守るCAN。


終盤にはお楽しみの抽選会がありました。
前以てくじをもらって、番号を読み上げられたら当選、的な。


くじももらってなかった僕は全然関係なかったんすけど、うちの生徒が当たりました。
中国製の、ペンケースです。
あの、硬くて、両面開いて、小学生の頃使ったことあるようなやつ。
バングラ的にはどれくらいのポジションにあるものなんでしょうか。
とりあえず、生徒のリアクションは微妙でした。


そして最後に、食事。
パンタっていう水浸しの米と、イリシュという国産魚(左上)がメイン?
右2つはじゃがいもといろいろこねたやつっす。名前忘れました。とりあえず、辛いです。
イリシュは味はいいんですけど、骨が多すぎて味に集中できないのが難点です。


本来なら誰かと一緒に食いながら質問とかしようとしてたのに、周りを見ても誰も知らない・・・
孤独な新年一発目の食事となりました。


そしてひとり寂しく帰ってる時にKINGからの電話で
コーチたちは違う場所で食べていたことを知るのでした・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿