2011年4月12日火曜日

Don't Stand in Our Way

2日連続の、僕です。どうもどうも。今日も普通に活動のはなし。
午後練は4時からなんですが、僕は生徒の個人練習を見るために3時とか3時半からコートにいます。


今日もその予定でした。が、来ない。
3時からアホみたいに待って、イライラしながら20分。来ました。


話を聞くと「先輩に『皆一緒に行かないと"indiscipline"だから行くな』って言われ」たんですって。
結局そいつはどうにかして1人で来たものの、「たぶん怒られる」ようです。


実際はそういうルールがあるわけではなく、
「コーチがいれば練習前に来てシューティングとかしてても全然問題ない」とCPは言っていました。


やしが生徒たちの世界では「先輩の言うことはぜったーい!」なので、
こういう意味不明で不条理なことにも従わなければなりません。


別に制度的には大丈夫なわけだから、
往々にして後輩たちが勝手に練習してるのが気に入らないだけだったりするんでしょうね。


前々任者の教え子ミトゥンも自主練してることを彼の先輩たちは良く思ってなかったみたいだし。


なぜそこで「自分も早めに来て頑張ろう」ってならないのか。
ならないだけならいいけど、なぜ足を引っ張ろうとするのか。
選手たちのことは個々人としては好きですが、そういうところはてーげー気に入りません。
ていうか、がっかりです。


後輩は先輩を尊敬・尊重しなければなりません。
同時に、先輩はその権威を振りかざす前に、それに足るworthy of respectな存在でなければなりません。


かといって俺がここでシニアたちに説明に入るとその場では「わかりました」って言うんでしょうけど、
あとでまた後輩たちに何か言いがかりつけてくる可能性があります。


ということでジュニアたちとの協議の結果、


「CANにはあと1年強しかない。それまでに早くジュニアたちを成長させたい。
だからジュニアチームは3時にコートに来て自主練しなくてはならない」


という『ルール』を明日、全員の前で発表することにしました。


プラスで「シニアで早めに来て自主練したいやつがいるならもちろん歓迎」の意も伝える予定です。


まあこのルールにすることでジュニア・新人が全員来てシューティングをする(はずな)ので、
本練習でシュートに費やしてた時間が他のことに使えることになります。
そうなればもうけもんです。


そして数年後、彼らが後輩たちを励まし、手本となるような人間になってほしい、そう願います。



3 件のコメント:

  1. あっ...こんにちは。

    いつも楽しく
    読まさせて貰っている自分です。

    indisciplineって、
    どういう意味か分らなかったので、調べてしまいました。

    いやー
    勉強になります@Α@;

    CANさん。シャバッシュ!!!!!!!!!

    返信削除
  2. 大人の社会でも言えることですけど、

    足の引っ張り合いほど見苦しいもの無いですね~

    ただ「ルール」として打ち出したCANさん、さすがですね~
    参考にします◎

    返信削除
  3. >ちゅうさん
    ああ、どうも…
    BKSPのテーマでもありますからねーdisciplineは。
    スペルミスに気をつけてください笑

    ちゅうさん、あざっす!

    >ひさ
    引っ張ってる方が「楽」なんだろうけどねー、当事者からしたら。ま、どの世界でもそうっすね。

    この「ルール」、話して決めたはずなのにすでに頓挫しそうな勢い・・・ベンガル人責任感なさすぎ。

    返信削除