2011年4月17日日曜日

"On" the Bus

まだ14日の出来事書いてます、僕ですよどうも。


バングラではバスの中だけでなく上にも人が乗っていることがあります。
これはまだまだ序の口で、イードなど道路もバスも混み混みのときは少なく見ても20人は乗ってます。




つーわけで、乗ってみました。




乗って2分で自分が『高所・高速恐怖症』だということを思い出しました。
たまに後先考えなくなるのが自分の悪い癖です。


とりあえず写真とか動画とか撮りながら、バスの傾きを身体で感じながら、

「バスが横に倒れたらその途中にジャンプして着地だ」


みたいなことを真剣に考えていました。




そんな心配もよそに、道路は思ったよりも(というかいつもよりも)空いていて、風が気持ちよかったです。

眺めも良かったし。


人がたくさんいて、シートも狭くて、7割近い確率でイライラする車内よりもだいぶ快適でした。
総合的には全然、『アリ』でした。やしが道が混んでて太陽照りまくってたら微妙かもしれませんね。




まあ、左手は離せませんでしたけど。




調子乗って何回も乗ると危なそう&怒られそうな気がするので一応今後は控えます。
ただ今回はCAN on the Busの状態を撮ってくれる人がいなかった(ベンガル人に断られた)ので、
誰かと一緒に乗ってから、ですね。


バス事情その他についてはまた近いうちに紹介します。きっと。

0 件のコメント:

コメントを投稿