2011年5月20日金曜日

Trip to Sri Lanka: Day2 Kandy

2日目です。
盛りだくさんです。
コロンボフォート駅から電車に乗ってキャンディへゴー。


キャンディまでは115キロくらい、190ルピー(150円くらい)です。
ちなみにまだバングラでは列車に乗ったことがありません。


が、きっとこんな風に高低差のある風景ってのはあんまり見ることができないはず。




遠くにそびえる山々を眺めながら、それを切り崩したトンネルを抜けながら、4時間弱で到着しました。



さっそく、同期のえいちゃんに連絡。
荷物云々、ゲストハウス云々を一段落させたのち、えいちゃんの友達のキャンディアンダンスを鑑賞。(500ルピー)


こんな踊りや、
こんな踊り、
他にもさまざまな衣装で伝統的な踊りを披露してくれました。40分くらいだったかな。
それなりに好き放題やっていた印象も受けましたが。


ちなみに2番目の写真、向かって左側の男の人がいとこに似ています。
恐ろしくどうでもいいことなんですけど。


最後にファイヤーパフォーマンスを見物した後、




「ここを見ずにスリランカは語れない」とか「語れる」とか噂の、仏歯寺へ。
ここには、ブッダの歯が祀られています。






えいちゃんの友達の友達が関係者らしく、本来1000ルピーくらいするところをタダで入れてもらいました。
さらに本来なら外国人が入れないようなところ=まさに歯が祀られているところにも入ることができました。
ありがてっす。


ただ何より印象的だったのは、真剣に祈る人の姿。
ごみごみしてるなかでも美しいんですよね、「祈り」って。
ただその写真を撮ることはできませんでした。祈りにはそういう性質があると思います。


という感じでかなりスリランカな1日を過ごしたあと、えいちゃんはお家に戻りました。
シンハラ語ペラペラの直毛ボーイ、充実した活動を送っているような印象を受けました。


たくさんお世話になりました。ありがとう!!

・・・・・・なんだ俺の前髪。


仏歯寺
神聖度  ☆☆☆    どこまで「見せるよう」なんだろう
暑さ   ☆☆☆☆★ あちさぬちゃーんならん
総合   ☆☆☆★   タダで、奥まで入れるという前提付きなら5つあげちゃいましょう




つづく

0 件のコメント:

コメントを投稿