2011年5月22日日曜日

Trip to Sri Lanka: Day4,5 Balangoda

昨日の夜、スタビライザーが壊れる
ヒューズがとんだだけだったので新しいのをバザールに買いに行く(10タカ)
雨上がりの地面でクロックス+足が汚れたので外の蛇口で洗う
その場がヌルヌルしていて、全力ですべる
右腕と太ももを地面に強打する
スタビライザーは直ったものの未だに身体は痛い、どうも僕です。
メンタル的な要素も合わせて、モンスターボールで捕まるくらいの弱りっぷりです。

さーて、早めにスリランカ書き終わっときましょう。
4日目
午前中キャンディでかるーくぶらっとしたあと、バランゴダという町に向けて出発。
観光地ではありませんが、そこにも同期が住んでいます。

バスを乗り継ぎ、キャンディから約6時間。疲れた。
この日は移動でほぼ終了。

5日目
同期の横田さん(職種:幼児教育)と町のバスターミナルで待ち合わせて、任地へ・・・・・・
バスで山道を登り続けて1時間半、やっと到着です。

山です。

恐ろしく眺めがよいです。雲と同じくらいの目線な気がします。
確か標高は1100mくらいだったでしょうか。1600だったかな?
とりあえず、高いんです。
前々日に訪れたシーギリヤロックよりも全然高いです。あたりまえだけど。




そして一面に広がる茶畑。 


横田さんの巡回先のひとつである託児所を訪問。
入ると見たことない外人にびびって泣いちゃう子どももちらほら。
少なくとも、近づいてはくれませんでした。


全員、壁際に寄り添いながら隠れています。
案外ちゃんとカメラ目線ですけどね。笑 


その後ティーファクトリー見学して(撮影は禁止)、横田家でお話をしていました。

横田家は「協力隊っぽーい」て感じの、地味に大変そうなおうちでした。
玄関にリスが巣を作ったりしたこともあるそうです。
山の上ということもあり物資があまりなく、町まで食料調達しにいかなきゃいけないとか。
ある程度アップダウンのある山道だし、心も体も強くなりそうだ。

ていうかちゃんとからんだのはほぼ初めてだったんですが、なんというか、さわやかな人でした。


そんなこんなでばいばいありがとうございましたをして、再びバスで山を下り、宿に戻り、夕飯を食べ、
明日のコロンボ行きに向けての精気を養うのでした。


つづく

0 件のコメント:

コメントを投稿