2011年6月28日火曜日

Debut

今日は木暮くんが陵南戦残り58秒で3Pを決めた日ですね。
あれは何度見てもぞわーってするし、実際ページ開く直前からぞわーってします。
そんな日に、どうも僕です。


ダッカにはいくつか連盟所属のバスケクラブがあって、そのクラブチームの大会が開かれています。
が、チームといっても常にプレイヤーがいるわけではなく、こういう試合があるときにさまざまなところからプレイヤーを集めるシステムのようです。


大学生だったり、アーミーやネイビーだったり、チームによってはどっかから外国人連れてきたり・・・て感じです。
報酬つきです。
呼ぶチーム、そして呼ばれるプレイヤーによってそれは変わってきます。
1日数百タカというのが普通っぽいですが、ナショナルレベルのプレイヤーだと全体(2週間くらい)で7万タカくらいもらえるって聞きました。


普通にすげーな。


BKSPの生徒も何人かチームに呼ばれてプレイしています。


正直いまだにこのシステムの意味をちゃんとわかっていないんですが、いつもと違う人たちと一緒にプレイするのはおもしろいかもしれませんね。


・・・前置きが長くなりましたが、
僕も「出てみる?」てな感じで生徒と一緒にプレイヤーとして登録してもらいました。
CANさん、バングラバスケット公式戦デビューです。

チームにはBKSPの生徒4人、大学生(BKSP卒業生)、ネイビーもいて、それなりに有力みたいです。


相手チームが弱過ぎて60点差くらい開いてしまってつまんなかったんですけど、とりあえず感想。


クローズアウトのときにハーキーでつめる、ディナイのスタンス、ヘルプの位置、パスのフォロースルーなど、当たり前のことを当り前に、特に意識せずに行っている自分を再認識しました。


きっと以前はこれ以上にちゃんとやってたと思うんスけど、
「ああ、やっぱりバスケって習慣のスポーツだなぁ」としみじみ感じました。


同時に指導者としての立場もあって、やはり無意識的に基礎を大切にしながらプレイしていた気もします。


ま、1回だけディナイに意識行きすぎてボールラインより上に行っちゃったことは反省点ですけど。


てわけで、大会はまだ続きます。うちのチームの試合は明後日から毎日、1週間くらいあります。
夕方お暇な方はダンモンディにお越しください。

0 件のコメント:

コメントを投稿