2011年7月7日木曜日

...and Comeback (with everything 60% off)

ホルタルにより自宅待機命令のどうも僕です。まーJOCVハウスにいるんですけど。
今週は土曜の夜からずっとダッカいます。


というのも、前回の記事で「試合出れない」って書きましたが
足の怪我の腫れがある程度ひいて、「あ、これ折れてはいないな」とわかったこと、
そして手の指用のサポーターが良い感じでフィットしたことなどから、プレイしてみる事にしました。

生徒には悪いけど毎回毎回サバール-ダッカ間を往復するパワーはありません。
帰りはほぼ深夜だし。

で、肝心の試合ですが...
走れない、跳べない、踏み込めないなどさまざまな障害を抱えながら、ディフェンスだけはちゃんとやる意志を見せました。


各試合ごとの感想とか書いても面白くないので、自分の中での1番のハイライトを。


リバウンド時ボールも何も触れなかったCANさんにファウルコール。
「まじか・・・触ってないけど・・・」て独り言を言いつつ、
(後ろから手を出した感じだからしゃーないか)と思いつつ、呆れて笑いながら戻る。

審判に呼びとめられる。

審「何か問題があったのか?」

C「え?いや、あなたに何も言ってないですよね。」
(笛鳴るたびに文句言いまくりの他の選手と違ってさ・・・)


審「次笑ったらテクニカルファウルだからな」



 
えええええぇぇぇぇぇぇーーーー!!!???



トラベリングや3秒を雰囲気で吹いてたり、キャリイングを理解していないのはもう当然の事項なのですが、
これで完全に「笛をもらわないための振舞い方」を見失ってしまいました。


いやー、バングラバスケはむずかしい!!

それを身をもって理解するはめになりましたことができました。


◎総括的なアレコレ
  • チームの面々は最後まで自分勝手で、『チーム』にならないまま終わりましたよ、イライラ
  • ネイビーやナショナル代表と直接プレイしてみて、特徴や弱点がわかったかな、フムフム
  • まぁ生徒が今のままのスタンスなら勝てないけどね、ウンウン
  • レフェリーは一貫して不可解でしたよ、モヤモヤ
  • 相変わらず「シュート入ればOK」信仰が強すぎますよ、ハイハイ
てーな感じで愚痴ろうと思えばいくらでも出せますが、めんどくさいので控えます。

とにもかくにも試合は終わったので、足を癒しながらまた来週からBKSPで指導がんばっていくことにしまーす。

0 件のコメント:

コメントを投稿