2011年9月27日火曜日

KING

どうも、1ヶ月ぶりにBKSPに帰ってくることができた僕です。
マルチプラグが壊れていて、冷蔵庫の電源が切れていました。
いろんなものから、変なにおいがしました。
あと、スタビライザーの調子も悪い。ちゃーすがや。




9月26日
21-2が帰国しました。
当然ながら今までで1番長く関わった隊次だし、話とかもさせてもらった人たちが去ったわけです。


3ヶ月前も「あと1年か・・・」てなったけど、今回はなぜかより強く「自分たちに残された時間も少ない感」を感じました。
単純に任期終了が前回より3ヶ月近づいたから、という意味ではなく。
きっと僕が赴任したときのBKSPメンバーが一人ずついなくなっちゃうから、というのもあるでせう。




特にサッカー隊員ヒロ(通称メルエム)にはかなりお世話になった気がします。
別に全然つるんでたりしてたわけではないけど、いろいろと共通点も多かったし。
JOCVで唯一人、僕のことを「ショウ」と呼んでいたレアな人物でもあります。


だからこそ感謝状の文を書いて渡す役に任命された時は正直ありがたいと思いました。
そして書きながら泣きそうになっていました。
というか当日最初のアメミーさんのスピーチ時に完全にうるうるしていました。
壇上に上がる頃には一周して落ち着いた状態になっていましたが、実は後半3行はあんまり見えていませんでした。てへ。


そして本当はその感謝状の中に「あなたはまるで仙道さん。当然僕は彦一です」という一文もありましたが、自分でボツにしました。
まあ、どうでもいいんですけど。


彼とは最後にもう少し真面目な話ができたらよかったなぁ、と思いつつ人気者の王様に話しかけることもできず見送るはめになってしまいました。
冗談抜きで、「お前もっとちゃんとやれよ」くらいのことを言われるべきだったんですが。




ヒロだけでなく、この隊次は任地での活動を大切にしながらも、そこにとどまらずに動いた人たちばかりだったように思います。
そんな彼らの最後のことば、しっかりと受け止めたいと思います。
彼らを目標にするだけの時代は終わりです。動かなければなりません。


とにかく、とってもありがとうございました。
本当にお疲れ様でした。
僕たちもがんばります。

0 件のコメント:

コメントを投稿