2011年11月21日月曜日

Nov.20 India / Suba

どんどん思い出書いていきます、僕ですどうも。


11月20日
朝。インドビザ申請センターへ。
荷物は持ち込み不可なので写真なし。


申請内容は完璧(当然)で受理されそうだったんですが、もらえるのが24日の午後になってしまうとのこと。
しかも「早くて」ね。それ以降にずれ込むこともありうるわけです。


ちなみに出発予定日は24日。の朝。


チケット取ってもビザおりなかったら意味ないし・・・
日がずれすぎたらそもそも行く意味無くなるし・・・
やしが空港でのアライバルは取れるかどうか保証ないし・・・
公用旅券は適用外ですよって書いてあるし・・・
取れなかったら追い返されるし・・・
と悩みましたが、


「アライバルビザ?100%いけるよ」とのコメントを信じて、申請せず。


すぐに隣のインド大使館行って再確認。
「オフィシャルパスポートでも大丈夫。何かあったらここに連絡して」との言葉まで頂いたので、そうすることにしました。
(ちなみに実際にアライバルビザを取って入国した隊員もいます)


つーわけで、24日、出たとこ勝負です。追い返されたら、パーティーです。


*****


昼練に出るため支度をしつつ、CPに電話。
そしたら「今夜ダッカ出発するから練習ない」旨。あれ?明日じゃなかったけ?


帰る気無くす。


*****


夜。
ふわふわしたトークから、「沖縄そば作ろう!」てことに。
麺とスープの素を提供するつもりでしたが・・・


調理にあたったのはこの2人
チャクマ料理人JUN

リアル変態栄養士INADA


豚を煮込んで出汁取り・角煮づくりして、スープ作って、若狭パーラーみたいに卵のせスタイルにして、麺はうどんみたいなやつ使って、こんなんなりました。
ネギは売ってなかった、ちくせう。
コンソメ入ってるし、当然どストレートな沖縄そばではないですけど、「あ、こういうの出す店あっても全然おかしくない」て感じだし、なにより、うまい!!!


まー上の2人が動けばね、どう転んでも「うまい」から下はありえないですけど。




そして
結局CANからの提供物はなし。うどん買ってきただけ。


ごちそうさまでした。あとーんす。

0 件のコメント:

コメントを投稿