2011年12月5日月曜日

REVIEW - "NBA BATTLES: WHO'S THE BEST?"

どうも僕ですけど何か問題でも。
デリー空港で見つけた、『SLAM』の特別版。


タイトル&表紙でなんとなくわかるように、レジェンドプレイヤーとスタイルの近い現役プレイヤーを比較して、「どっちが上よ?」みたいな話を展開しています。だいたいね。
あと、チーム同士。(72年レイカーズと96年ブルズとか)
英語のリハビリも兼ねて購入。900ルピー(1400円くらい) たけい。

まだざーっと半分くらい読んだだけですが、思ったより残念でした。


マジックvsレブロンも、チェンバレンvsシャックも、オスカーロバートソンvsキッドも、そしてジョーダンvsコービーも、結局は「レジェンドはやっぱ偉大だった」とか「でも若いから今後可能性あるぞ」みたいなhackneyed phraseで終わってるのがほとんど。

んもう。

バードvsノウィツキーに関しては、一行目で「こじつけです」って書いて→早々に「無理無理、勝てんて」→バードがいかにすごいかって話にほとんどの段落を費やす始末。

ディフェンス苦手なノウィツキーがバードに勝てないのなんて知ってるよ!
2011のファイナルMVP捕まえていじめるなよ!!
もっと白熱しそうな人を相手に選べよ!!!(どうせバードが勝つだろうけど・・・)

んもう。


とりあえず、辞書を傍らに全体通して読んでみたいと思います。
まじ単語力落ちてる。

んもう。


そういうわけで、ここで出てきたのを皮切りに1投稿につき1個以上、「使えそうな英語表現・スラング」を書いていきたいと思います。自分のストック知識+探したやつで。
文脈とか、関係ありません。

つか、そもそも、続くかなぁ?

とにかく、もう、ベンガル語の時代はおわり。

【今日の表現】
tight: 最高、いけてる 例文: His new song is tight!
類義語: awesome, solid, dope

0 件のコメント:

コメントを投稿