2011年8月30日火曜日

Outta Bangladesh: Day 4-6 Singapore

まとめるのが疲れてきました。ふわっといきます。


8月22日―24日
KKからシンガポールへ移動。
シンガポールの中心地はまじで新宿とか渋谷とかぐらいの印象です。
インフラの整備状況もすさまじいです。
あまりの都会っぷりに、自分の中で感情が一周してしまいました。


そして人々はみなスマホをいじっています。
あと、2ブロックの男子の数が半端じゃありません。


○遊んだ場所
ユニバーサルスタジオ
サイズが大きくないのと、朝から行ったってことで3~4時間で主要なものはほとんどまわれました。
人生初といっても過言ではない、ジェットコースターらしいジェットコースターに乗りました。
乗車中は何かに謝り続けることしかできませんでした。
他の客が発散したストレスが、全部こっちに流れてきました。


というわけで、おすすめはシュレックです。そこは譲れません。


ナイトサファリ
夜だけやってる動物園。シンガポールにしかありません。たぶん。
間近でいろいろな動物たちが見れます。夜行性のやつらが動いてるのも見れます。
かなりいいです。が、いい写真はありません。だって暗いんだもの。




○たべもの
日本食を食べ倒しました。



まずは一風堂。うますぎました。


一緒に飲んだ一番搾りも驚異的なおいしさでした。
冗談抜きであんなにうまいと思ったのは初めてかもしれません。


大戸屋。おいしい。


吉野家。まーさっさ。


モスバーガーも食べましたよ。




○観光ポイントっぽいところ
シンガポールといえばマーライオン。必要以上の勢いで水を吐き出しています。
『世界3大がっかり』といわれるほどがっかりはしませんでした。「おー」て感じ。
多少のがっかりを期待していた身としては、ある意味がっかりです。


奥にはマリーナベイサンズ。ばかでかい。屋上はプールです。

今度行く機会があったら泊まってみたいものですね。


最初にも書いたとおり、シンガポールはおそろしく都会でした。
しかしちゃんと緑もあるところにはあります。しっかりしてます。
ただ、なんというかすべてが計画通りにつくられている感じで、まぁそれはいいんですけど、現実味がないというか、正直人間臭さがなくて気持ち悪いなぁという印象を受けました。

Outta Bangladesh: Day 2&3 Mulu

8月20日
5時起き。
早朝のフライトで同じボルネオ島内のムルという地域へ。
ここには「グヌンムル国立公園」ってのがあって、そこでの洞窟探検ツアーに参加しました。


①ディアケイブ
しにでかい洞窟。
下に見えるのが人間ですよ。
ガイドさんの説明によると、コウモリの糞か分泌物が溶けた洞窟内の水を求めて鹿が集まったからその名前らしいです。
へぇ。


中間地点。


右サイドがリンカーンの顔の輪郭のような感じになっています。
もしくはアフリカ大陸。
わー。


奥へ奥へ・・・
単純に、自然ってすげい。
圧巻でした。




②ラングケイブ
ラングさんっていう人が見つけた、比較的新しめな洞窟。
こちらは沖縄の鍾乳洞に近いものを感じました。


この日のシメはBat Exodus
夕方になると洞窟内に潜むコウモリたちがエサを求めて飛び立つんです。
ただそれがあるかどうかは運次第。

30分以上待って「今日はダメか・・・?」と思い始めていたころ、やってきました。

コウモリたちが連なって出ていきます。
さながら龍のような。


あれが全部コウモリだと想像するとてーげー気持ち悪いですけどね。


21日
③ウィンドケイブ
隙間から風が吹き込んで涼しい洞窟です。


④クリアウォーターケイブ
普通に考えたらあり得ない位置に水が流れていました。


やっぱり自然ってすげい。


******


ツアー後再び飛行機でKKへ。飛行機遅れて3時間待ち。
KKにはことごとく縁がありません。


ホテル タンジュンアルリゾート
プール


リゾート感半端ありませんでした。

Outta Bangladesh: Day 1-2 Kota Kinabalu

さて、どんどん書いていきますよ僕ですよ。どうも。


8月19日つづき
4時半ごろ本物のコタキナバル空港に到着、タクシーでホテルへ。30リンギ(750円)
ホテルビバリーは中心地から徒歩10~15分の距離。
1部屋3500円にしては綺麗だし、かなり良いです。評価されていいと思います。


早速市街地へ。
スタバ発見。


夕飯は屋台街のオールドビレッジでシーフードを中心に。
カニやら、カキオムレツやらをいただきました。
特にこのエビがうまかった!屋外でのビールもテンション上がり倒します。


ちょっとお腹きつくなるくらい食って合計100リンギくらいだったでしょうか。
値段的には高めについてしまいましたが、3、4人分くらいはあったししょうがないでしょう。
なんにせよ、大満足です。


序盤のストレスを払拭することができました。

2011年8月21日日曜日

Outta Bangladesh: Day 1-1 The First, Biggest, and Worst Mistake

8月19日
クアラルンプールからコタキナバルへのフライト。Eチケットによると、所要時間は3時間半。
搭乗。飛行機のアナウンスをぼけっと聞いてたら2時間半で着くとかなんとか。
意味わからないけどラッキー。何も考えずにそう思いました。


2時間半後、予定通り到着。他の乗客とともに降りる。
「新しくてきれいな空港だなぁ。」


「やしが思ったより小さくて何もないなぁ。コタキナバルってもっと栄えてるイメージだったんだけどなぁ」
「あ、マックだ!行かないけどさすがコタキナ」


「でもコタキナの空港ってスタバもあるんじゃなかったけ」


「なんで国際空港なのに両替所がないんだよー」


と思いながら空港内を歩き回り、どうにか現地通貨であるリンギを手に入れる。




やっと市内に行けるぞ、とタクシーのチケットカウンターへ。
C「○○ホテルに行きたいんですけど。」


受付「へ?」


C(発音完璧なはずなのに・・・)しぶしぶ予約バウチャーを見せる。


受付(困惑気味)「コタキナバルですね・・・






コタキナバルにはまずフェリーで・・・



え?




え???




えぇぇ?????




何言ってんの?ここがコタキナでしょ???
市内までタクシーで15分くらいってるるぶに書いてあったじゃないですか。




えっと・・・・・・じゃあ、ここはどこ?




・・・




・・・・・・ラ、ラブアン空港?






どこだよ!






焦って外に置かれている広域地図を見る。










途中やし!!




いろいろなことがひとつにつながる。




マレーシア航空のカウンターへ。待たされる。やめだ!




到着ゲートにもどってスタッフに事情を説明。
すぐ理解したらしく、どこかと連絡を取りながら導いていく。
お、ギリギリいけるんじゃないか。そうすればダメージなくネタになるぞ。




という期待も空しく・・・・・・




結局本来乗るはずだった便はタッチの差で行ってしまい(というか待合室に入った時離陸準備に入ってたやつだはず)、3時間半後の便に振り替え・・・

なにもないロビー。とりあえずこの日記を書くことにした次第です。




Eチケットをよく見たらNote: 1 technical stopって書いてありました。
きっと機内でもそういう旨のアナウンスはされていたんでしょう。
完全に油断していました。爆睡でした。
「やっぱり2時間半は聞き間違いじゃなかったなぁ」とか思ってました。


これで初日の予定、大事な部分が大きく崩れることになりました。
しに悔しい。ただそれと同じくらい反省。


ちゃんと見ていたら・・・


ちゃんと聞いていたら・・・


時間の短さに疑問を抱いていたら・・・


間違ったことにあと10分早く気付いていたら・・・


自責的オブザイヤーの僕ですので、地味に引きずることになるでしょう。


まだ救いがあるのは、追加料金がかからなかったことと、とりあえず被害は1日で収まって翌日の予定に響かなかったこと、くらいです。


明日も早朝の便で移動しないといけないのでね。


初日から散々ですが、初日です。切り替えるしかありません。ネタにするしかありません。
くっそー!失われた3時間半の分まで楽しんでやる!!!見て買って食って驚いて笑ってやる!!


と思いながらマレーシア・シンガポール旅行が始まりました。

2011年8月16日火曜日

Bengali vocab: Verb

相変わらずお腹の痛い僕でーす。どうもどうも。キリキリマイです。


宣言通り今までのベンガル語+αをまとめます。
やっぱその場だけで全然おぼええの単語とかありますねー。行きずりの単語。


ま、まずは動詞が一通りできたので、いきませう。


以下は単語が並んでるだけなので普通の日本人は読む必要、なし。心からそう思います。
(アルファベット順に並んでいます)


見た人は間違いとかあったら教えてください。



2011年8月15日月曜日

Aug.12 - 14

僕です。ここ数日をまとめてみました。どうも。


8月12日
本当に何の予定もない、何をするつもりもない、休日。
昼過ぎにビリヤード。楽しい。


まさに、休日。


夜は飲みへ。
それまで節約していた分のお金がだいたいなくなりました。


まさに、休日。


8月13日
深夜までのシリアストークが堪えたのか、単純にお酒でお腹冷やしすぎたのか、身体が残念な感じ。
昼はお好み焼きを食べさせてもらい、味がアレで複雑な気分になる。


少し元気になったあと、夜は料理。

今回は酢豚を作ってみました。
なかなかでしたね。
またひとつレパートリーに加えたいと思います。
ありがとう、クックパッド。


同時に作った甘酢ダレもなかなかでした。これはいけるぞ。


8月14日
任地に戻る予定の日。


頭痛い。


しに寒い。


しにお腹痛い。


で朝が始まりました。


38度。


激しい下痢。


任地に戻るという予定はここで完全に潰れました。


熱は薬で下がったものの、ここ数ヶ月で1番のわたやみーです。


雑炊でさえダメージになってしまうほど、デリケートな内臓です。
キャッチアンドリリースの連続です。


眠ることもできず、トイレと談話室の往復で1日が過ぎて行きました。




夜は小康状態になり、ちゅうさんのご飯をごちそうになりました。
うまかったなぁ。
とくにスープが優しかった。染みわたりました。
ありがとう、ちゅうさん。


まあ、結局しばらくあとにリリースしちゃったんですけども。


*****


現在15日午前11時。
今日は絶対帰る。そう心に決めています。がお腹はキリキリ・・・隙を見て帰るしかありません。

2011年8月11日木曜日

Mud Puddle

8月11日木曜日
この日は用事があるのでダッカへ。
ラッキーなことに久しぶりの「日中ほぼ雨なし」でした。ほぼね、ほぼ。
断食中だし早く着くかなー
と思いきや・・・

バイパイル(アシュリア方面への三叉路)まで1時間。(何もなければ15~20分)
しかもバイパイルの道路が閉鎖。(というかそのせいもあって渋滞)

しょうがないから進路を変えて大回り・・・
と思いきや、なぜか乗ってるバスのドライバーだけ「行かない」とかキレてバスを降りてしまいました。
めんどくさいので降りてアシュリア方面へ向かってみることに。

閉鎖の理由聞いたらまぁ予想通り「雨で道がダメになった」らしいです。
ここ数日雨ばっかりでしたしね。

とりあえずリキシャで進んでいくと、なるほどこんな感じでした。
いやーたしかにひどい。



ただでさえ道路がゴツゴツなうえに、泥水で地面が全く見えないから、いつトラップにかかるかわかりません。

実際上の写真のとこでガチで転びそうになって、リキシャにしがみついた僕をベンガル人が笑い倒してました。

「笑ってんじゃねーよ!」と思いましたが、助けてくれたので許してあげました。


そんなこんなで30分くらいでオフロードを抜けて、CNGに乗り換えて、どうにか合計3時間くらいでダッカに着いたとさ。

きっとバス乗り換えて大回りしたほうが時間もコストも少なく済んだかもしれませんが、
心的ストレスという点でいえばこのルートで正解でしたね。と思っているどうも僕でした。

2011年8月9日火曜日

Fasting -additional post-

先週1日だけ「ほぼ断食」をして「さすがに水なしの練習はつらいっす」と実感した僕ですどうも。
やしがバスケなら、そして練習後水飲めるという希望があるから、頑張れます。
身を持って示してやりましたよこんちくせう。


ま、それとは抜きにして、その日は生徒たちも頑張ってくれました。
聞くと練習前に自分たちで「頑張ろうぜ」って話したらしいです。
一過性にならないように願います。


開始から1週間経って慣れてきているようですし、まー断食に関しては大丈夫だはず。
といってももう少しで断食休みに入っちゃうんですけどねー。


さてさて、断食中は
日中飯食わず水飲まずだけでなくて、逆に辛くて吐いてもダメらしいです。
髪を切ったり爪を切ったりしてしてもいけなくて、怪我して血が出ても効果が弱まる/無くなるんですねー。
これらもやるなら全部日没後、ということだそうです。
「貧しい人の気持ちを知る」という意味なら別にいいさーとか思うんですが、まぁそうらしいです。


知ってました?


僕は2回目にして初めて知りましたよ。


それだけです。

断食してるからってそんな辛いアピールしなくていいよ、案外やれるし。

と未だに思い続けている僕でした。

2011年8月7日日曜日

Happy? Friendship Day

今日はフレンドシップデイだそうです。
どういう日なのか知らないけど、そういえば去年もありましたね。

それで生徒たちからミサンガ的なやつをもらいました。
自分たちで作ったらしいです。

(白いのはスリランカの仏歯寺のやつ)
うーん。練習の邪魔。笑

しかも日本だったら男の子が手作りで何か作って男の先生に・・・って考えただけで


う、うわー!!!


てなっちゃいますけども。

気持ちが嬉しいじゃないですか。

それでもさすがに邪魔なのでカバンとかにつけておこうと思います。



ま、かわいい女の子からだったら擦り切れるまでつけとくんだけどね・・・・・・

2011年8月6日土曜日

Basnis

今週末は何にも用事がなかったので、かなり久々に金曜日をBKSPで過ごした僕です。
久々ついでに村とかに繰り出そうとしたら、昼まで雨・・・そのあとも地面が最悪。
結局DVD見て終わったフライデーでした。
柴咲コウはやっぱりかわいい!

そんでまた1週間が始まりました。
今日は「テニスさせる」という前々からの約束を実行。
林隊員のお世話になることに。あとーんす。

ちょうどお互いの生徒が8人ずつということもあり、それぞれペアを組んで、テニス部の生徒がバスケ部の生徒に1オン1で指導し、最後にそのペアでラリーの数を競う、というかたちです。

2011年8月3日水曜日

Fasting

おざーすどうも僕です。
8月2日、スポーツ隊員にとっては特に大きな支障の出る、断食が始まりました。
テストと相まって朝練はなくなるので楽は楽なんですが、この時期に水も飲まずに練習なんてできるはずないわけですよ。


練習の強度自体を下げるのはしょうがないっす。
やしが日頃言い訳がましい生徒たちが、輪をかけて言い訳がましくなるってのがわじわじーします。


「じゃあもう断食中はお前練習来んなよ!」て思います。


いや、まじで。中途半端にやるくらいなら、やるな。


そのとき出せる100%出しませうよ。


そしてせめて瞬間瞬間はちゃんとやろうぜ、て感じです。




ちなみに、去年のこの時期は自分も練習中に水を飲まないようにしていました。
今年もそのつもりですが、それに加えて1日か2日、断食ってみようかとも思っています。


実際すでに昨日から日中の食事量を減らしていて、
本来なら
朝:目玉焼き ショブジ ルティ2枚
昼:ご飯 魚 ショブジ ダール フルーツ
夜:ご飯 ムルギー ショブジ
すいません、下におりると出てくるんですよね、オートで)
のところ、


2日
朝:目玉焼き ルティ1枚
昼:ムルギー オレンジ
3日
朝:目玉焼き チャ
昼:パイナップル


でやっとります。
夜は別に食っていいので普通に食ってます。


何も食べずなくても頑張ればある程度練習できるだろ、てのを身体を張って示したいってのと、
旅行でどうせ太るので、今から減量、という意味合いも多少含まれています。


たださすがに水なしはきつい!ひー。

やしがもうちょい頑張って、来週中には1回、ぜひ成し遂げたいと思います。おす。

しゃー夕飯だ!

2011年8月1日月曜日

Miscellanea

テスト期間で朝練無くなって眠り放題の僕です。
だらけてます。ダメです。いけません。自分のへなちょこぶりを感じます。
そんな7月末の雑記です。特におもしろくもありません。